相続遺言

相続については当事務所においても大変ご相談の多い問題です。
誰の身にも生じる、身近な人の死亡による事務の発生は、悲しみの中で処理していくのは大変なことです。
財産をどう分けたらよいのか、何から始めたらよいのか分からないということもあると思います。

相続とは

亡くなった方を「被相続人(ひそうぞくにん)」といいますが」、その方の財産(負債等のマイナスの財産も含みます)が相続人に帰属します。
そのような場合、法定相続人(血族相続人・配偶者※)は一体どのような割合で財産を受け継ぐのか、それは民法の規定によります。
※法律上の配偶者→内縁関係の夫や妻は含まれません。

血族相続人となる順位

①故人の子供→既に死亡している場合は故人から見た孫
②故人の親
③故人の兄弟姉妹
④故人の甥や姪

※兄弟姉妹の代襲相続(子→孫→ひ孫といった風に相続人がつながる事)は甥、姪までしか認められていません。

法定相続分とは

民法では、相続人の財産取得の権利、つまり相続分が決まっています。

●配偶者と子が相続人の場合

配偶者が2分の1、残りの2分の1を子で均分

●子の中に嫡出子と非嫡出子がいる場合

非嫡出子の割合が嫡出子の2分の1に。

●配偶者と直系尊属が相続人の場合

配偶者が3分の2、残りの3分の1を直系尊属で均分。

●配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

配偶者が4分の3、残りの4分の1を兄弟姉妹で均分。

※兄弟姉妹の中に父母の双方を同じくする全血兄弟と、父母の一方のみを同じくする半血兄弟とがいる場合には、半血兄弟の割合は全血兄弟の2分の1となります。

PAGE TOP